スポンサーリンク
本日のヤモリ

本日のヤモリです。688日目

入院日記その23です。術後に、看護師さんからストローはあるか?と聞かれたものの、持っていなかったわたしに、救世主が現れました。同部屋の患者さんです。同じ手術で入院されていた、先輩となる方でした。自分のを使って下さいとの申し出がありました。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。687日目

入院日記その22です。口腔内の違和感は、GW辺りまで拭えませんでした。入院持ち物の中に"ストロー"があったのですが、実は、それを持たずに入院してしまいました。口を大きく開けられないので、必要だったということでした。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。686日目

入院日記その21です。術後のガーゼ処置のため、ずっと口呼吸でしたから、口の乾くこと乾くこと。また、気管挿管をされていたお陰で、口の中に口内炎や傷やらができ、まともに食べることや飲むことが出来ませんでした。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。685日目

入院日記その20です。術後の経過は、良好でした。しかし、鼻の穴の処置のおかげで、呼吸困難に陥りました。おまけに、血やら鼻水やらで、血痰の量が多く、5分と経たずにペッペッと…。手術当日の夜は、全く眠ることができませんでした。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。684日目

入院日記その20です。今回は、鼻中隔弯曲症及び、副鼻腔炎の改善手術で入院をしておりました。昨日、友人とその話しをしていましたら、自分も、それらの症状があるとのことでした。確か、主治医も患者数は多く、主要な手術だと言っていたような気がします。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。683日目

入院日記その19です。結局ゴールデンカムイは、2日間で読破しました。持参した、タブレットのおかげで、快適に読み進めることができました。スマホの画面ですと、細部までなかなか読み込むことができませんから、とてもよかったです。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。682日目

入院日記その18です。その中でも"ウェンカムイ"とは、悪い神とされている神です。ゴールデンカムイの第一話で登場しました。まさに、出オチというぐらいの衝撃を受けました。ヒグマの描写には、ストーリーの展開を予感させるものがありました。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。681日目

入院日記その17です。"カムイ"という、アイヌ語をご存知でしょうか。和語で言うところの、"神"にあたる言葉です。大いなる自然界には、あらゆるところに"神"が宿り、その恵みに感謝しながら人生を全うする。それが、アイヌ民族の文化の一端でした。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。680日目

入院日記その16日目です。アイヌ文化の詳細については、専門家に委ねるとして、わたしは、自然界に対する畏敬の念というものを作品から強く感じました。特に、生き物に対する想いについて、よく描かれており、文化に触れることができました。そんなこんなで、本日のヤモリです。
本日のヤモリ

本日のヤモリです。679日目

入院日記その15です。「ゴールデンカムイ」について少しお話をしたいと思います。ご存じの方がおられるかと思いますが、アイヌの文化を広める一端にもなったと言われている当作品です。時は明治の晩年、ちょうど「鬼滅の刃」の時代と重なる頃のお話です。そんなこんなで、本日のヤモリです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました