ガンプラ発売40周年おめでとうございます!vol.番外編(ハロ1号)

ガンプラ

こんにちは、きゃもたろうです。

お待たせいたしました、今回のガンプラ製作レビューはこちらです。

『ハロプラ 黒い三連ハロ (クリアカラー)』

モノクロのパッケージです

☆前回のレビューはこちらから↓↓↓

ガンプラ発売40周年おめでとうございます!vol.番外編(ハロ1号)

ハロは『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するキャラクターの中でも、高い人気の”愛されキャラ”ではないでしょうか?

みなさんの中でも、ハロだけは憎めないとおっしゃる方も多いのでは!?

私自身も、作中でハロが登場する場面では、ほっとするのが事実です。

『機動戦士ガンダム』シリーズは、”宇宙を舞台とした戦争”を通じて重たいテーマを取り扱っていますから、ハロの登場シーンは一服の清涼剤と言える部分がありそうです。

それではレビューに行きましょう!!

開封~ランナー紹介

まずは、外箱のご紹介からです。

今回のキットは、『THE GUNDAM BASE POP-UP in NAGOYA』で購入したイベント「限定モデル」になります。

☆イベントについて、くわしくはこちらから↓↓↓

側面もモノクロカラーなんですね
三体集めて連結?!

外箱の外観はまったくのモノクロカラーでして、見栄えはしませんね。

つぎは、ランナーです。

クリアパーツ♪2枚です!あとはホイルシールと、ポリキャップ!
このようにランナーが取り外せる構造?!になっております。

中身がこれだけしか入っておりませんから、箱は手のひらサイズでした。

切り取り~パーツ組立て

さあ、いよいよ組み立てていきます。

このキットは、ニッパー等を使わずにランナーから部品が取り外せる「タッチゲート式」を採用しています。

案外細かいパーツが見られます
腕のカバーになる部分です

「クリアカラー」のガンプラは、ずっとワクワクしっぱなし!

すっかり組み上がりました
どこかのテーマパークで見たことがありそうな?!ハンドパーツです

差し替えパーツによって、変化をつけることが出来ます。

かわいらしいですね
脚部の付け根にもポリキャップが使われています

組み上がりました!

なんとも愛らしい表情です
黒い三連星のホイルシールを貼りました

失敗したところ

クリアパーツならではの”ゲート跡”と言えばいいのでしょうか、ハッキリと跡が残りました。

「タッチゲート式」を採用しているといっても、ニッパー等を使った方がいいのかもしれません。

ゲート跡が白化してしまいました

完成

連結用のベースにセットしてみました。

「あざとカワイイ」ですね
左側です
後ろ側です
右側です
内部フレームがよく見えます
ハンドパーツがよくできています♪お気に入りです

ポージング

”可動”というには少し足りていない気がしますが、いくつかご覧ください。

手足は外すことが出来ます
いまにも飛び立ちそう!?
転がるハロ☆
”02”番はオルテガ中尉のドムの機体番号のようです
こんなポーズがとれます
両手をいっぱいに広げて!!
脚はあまり動きません
内部がよく見えるクリアパーツは素敵ですね

おわりに

『ハロプラ 黒い三連ハロ(クリアカラー)』の製作レビューはいかがでしたか?

「ハロ、アムロ!ハロ、アムロ!」

”1stガンダム”でのハロのセリフですが、今回のハロは黒い三連星との”コラボハロ”なので、きっとセリフはこんな感じで…

「アムロ、フミダイニシタ?!」

と言って、転げまわるのかもしれません。

今回ご紹介した、なんとも愛らしいハロのクリアカラー”イベント限定キット”でしたが、たくさんのコラボ商品が出ておりますし、先のイベントで購入したハロのお土産がほかにもありますので、不定期ですが順次配信していきたいと思います。

※今回ご紹介したガンプラのリンクを貼っておきます。

ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボール 黒い三連ハロ 色分け済みプラモデル
ハロプラ ガンダムビルドダイバーズ ボール 黒い三連ハロ 色分け済みプラモデルが登場。 (Amazon.co.jpより)

今回も最後までお読みいただいて、どうもありがとうございました。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました